玉名市の新たなコミュニティプレイス!

皆さんこんにちは!

現在、コロナの影響により色々な場面で障害が出ており大変な被害が発生している状況ですが、悲観的にならずに出来ることを1つ1つこなしていきたいと思います!

さて、先日、先般より課題解決型学習(PBL)のお話をさせて頂いております玉名市の某高校様をご訪問させて頂きました。

今回は我々にご協力して頂ける地元の企業様をご紹介頂けるとのことで、地元の玉名市で起業された㈲ライズセットクリエイティブの佐藤様をご紹介してもらいました!

佐藤様は玉名市のご出身ではありますが、最近まで東京の方で会社員として働いてらっしゃいました!

また、こちらに戻ってこられる前には世界一周に挑戦したいとのことで、ご主人と一緒に108日間で37ヵ国を旅され様々な価値観を持った人々と触れ合い、日本にはない諸外国の良さを感じ、諸外国にはない日本の良さを再確認したとのこと(^-^)

この経験から、地元玉名市で”HIKE”という、地元の人々のコミュニケーションスペースとなるカフェを併設したゲストハウスの立ち上げを企画され、生まれ育った玉名市を廃れさせたくない!もっと活性化させたい!との思いを胸に今まさにオープンに向け日々邁進されています‼

実際にそのゲストハウスを訪れ1階カフェの写真を撮らせて頂きましたのでこちらに載せておきます(^-^)

写真では少し暗く写ってますが、左右を全て窓ガラス(木枠がミソ!)にリフォームされており優しく暖かな陽射しが射し込み、落ち着いた雰囲気でとても和やかになるカフェでした(^-^)/

今後は間違いなくこの”HIKE”さんが玉名市の人々が集う新たなコミュニティプレイスになることは間違いないでしょう‼

佐藤様はまだ30代。

元々は病院だった建物と土地を買い取り、人口減少も進む玉名市でゲストハウスとして起業することは当然生半可な気持ちでは出来ませんし、重大な決断だったはずです。

この様に若い世代の起業家の方々が地元を盛り上げようと試行錯誤しながら奮起されてる姿を見ると、まだまだ熊本も捨てたもんじゃないな!と思いますし、学生の皆さんにもこういった方々と多く触れ合って頂き、地域の課題や自身の問題に対して自ら考慮し、選択、決断が出来るような人物になってもらえたらと思っています。

我々もその為には出来得る限りのことはさせて頂くつもりですし、私達自身がロールモデルとなれるよう日々精進し成果を出せるよう努力を積み重ねていきます!

最後までお読みいただき有難うございました。

関連記事

  1. ジビエサミット2020

  2. 近況報告‼

  3. ご挨拶と御礼

  4. PBL教育‼

  5. 年末のご挨拶

  6. 地域課題プロジェクトスタート